New arrival Pick Up 新着記事

乃木坂46に水面下の動きあり!新しい坂道グループ誕生??

2020-05-24

今回の記事は、オーディションコラムらしいお話です。「こんな話があるよ」と言うくらいの感じでご覧ください。
「え?坂道の新グループができるの?!」って言うのとはちょっと違います。

スポンサーリンク

乃木坂46LLCがSKE48運営の親会社の子会社に!

実は先日、2020年5月14日に、乃木坂46の運営会社である乃木坂46LLC(乃木坂46合同会社)が、SKE48の運営会社(株)ゼストの親会社である(株)キーホルダーの参加に入ると発表されました。

乃木坂46LLC(乃木坂46合同会社)って?

乃木坂46LLC(乃木坂46合同会社)は、乃木坂46に所属するメンバーの所属事務所です。
また、卒業生も、生駒里奈、西野七瀬、桜井玲香、若月佑美といった元メンバーが所属しています。
乃木坂46LLC(乃木坂46合同会社)は、(株)ノース・リバーと、(株)ソニー・ミュージックレーベルズの共同出資会社ですが、今回、(株)キーホルダーが、(株)ノース・リバーの全株式を取得。今後、乃木坂46LLCは(株)キーホルダーの持分法適用会社となります。

(株)ノース・リバーと(株)ソニー・ミュージックレーベルズの乃木坂46LLCの持ち株比率は共に50%ですが、キーホルダーの持分法適用会社になる為、乃木坂46LLCは(株)キーホルダーの連結子会社になるようです。
全員ではないですが、卒業メンバーもまだ乃木坂46LLCに所属しているんですね。

キーホルダーが新アイドルグループを設立予定!

現在、キーホルダー傘下の(株)ホールワールドメディアが主催のコンテストで、(株)キーホルダーが、新しいアイドルグループを設立する事を発表しています。

そのコンテスト、「スーパーティーンズコンテスト2020」は、無限の可能性を秘めた10代を発掘するためのコンテストで、アイドルオーディションではありませんが、そのコンテストの受賞特典に、急遽、「SKE48が所属する事務所から新しくデビューするアイドルユニットの候補生になれる」という特典が追加されたのです。

SKE48が所属する事務所から新しくデビューするアイドル

SKE48が所属する芸能事務所は、(株)ゼストというキーホルダーの子会社です。
SKE48事業は、2019年1月にAKSからキーホルダーに30億円で事業譲渡されました。ちなみに、(株)キーホルダーは、秋元康氏ら兄弟の保有株式割合が18.03%ある秋元康関連会社です。(2018年7月31日時点)

スーパーティーンズコンテスト2020」で、「SKE48が所属する事務所から新しくデビューするアイドルユニットの候補生になれる」という特典が発表され、当初は、(株)ゼストから新しいアイドルユニットが誕生するだけだと考えていましたが、今回の「キーホルダーによる乃木坂46LLCの買収」で、話が変わってきました。

SKE48の事務所から新しくデビューするならSKE48の姉妹グループじゃないんですか?
SKE48は、AKB48の姉妹グループです。
姉妹グループの姉妹グループっておかしくないですか?
また、AKB48事業は拠点となる地域が必要ですし、何よりAKS問題もありますので、SKE48の姉妹グループができるとは考え難いです。

新しい坂道グループが誕生?!

坂道グループ一強の今、新しいアイドルの成功は難しい

アイドル戦国時代の今、あのAKB48でさえ、冠番組は終了し、人気が目に見えて落ちています。大手芸能プロダクションのアイドルグループもあちらこちらで解散、活動が終了しています。アイドルグループの乱立で、ファンも分散し、目新しさも無くなりました。

現在は、坂道グループ一強の時代で、他のアイドルグループはどこもかしこもどんぐりの背比べ状態、若しくはそれ以下で、地下アイドルとの垣根もなくなってきている状況です。

秋元康プロデュースですら失敗する!

坂道シリーズを成功させた「秋元康プロデュース」も実は近年乱発されており、AKB48グループ、坂道シリーズの他に、ラストアイドル、青春高校、22/7(ナナニジ)、劇団4ドル50セント、ザ・コインロッカーズ等、様々な「秋元康プロデュース」グループが誕生しました。

しかし、あまりパッとしないプロジェクトも多く、ザ・コインロッカーズについては、デビュー1年を待たずにメンバーを大量解雇する始末で、大失敗となりました。
また、分かっていた事ですが、吉本坂46も成功しているとは言えない状況です。

〇〇坂46なら売れる!

上記の通り、(株)キーホルダーは秋元康関連会社なのです。この為、キーホルダーの新しいアイドルユニットは、秋元康プロデュースになる可能性が高いと言えるでしょう。

秋元康としても、できるならプロジェクトを成功させたいに決まっています。
特に、20%弱もの株式を持つ関連会社のアイドルグループで失敗は許されません。
そして、欅坂46日向坂46は、乃木坂46ブランドの恩恵を受けて大成功している事は誰の目にも明白です。
今、「〇〇坂46」という新しいアイドルグループを作れば、まず大成功するでしょう。
もちろん、吉本坂46の様なネタグループじゃなければですが・・・

その上で、(株)キーホルダーは、乃木坂46LLCを傘下に納め、ソニーグループとも提携し、正式に新しい坂道グループを作れる状態になりました。
この状況下で、(株)キーホルダーの経営陣としては、絶対に、新しい坂道グループを結成させたいでしょう。

如何でしょうか?
新しい坂道グループの誕生も、俄然、真実味が出てきたのではないでしょうか?

秋元康プロデュースでも売れない場合も多いんですね。
そうですね。全部が全部成功する訳ではありません。
ただ、大成功させた実績も沢山あり、そして今、坂道シリーズが大成功しているので、その恩恵を活かしたいと考えるのは当たり前だと言えます。

新しい坂道グループとは?

仮に新しい坂道グループが誕生するとしたら、それはどんなコンセプトのグループになるでしょう?

ちなみに、乃木坂46は「清楚系」、欅坂46は「クール系」、日向坂46は「ハッピーオーラ系」(明るく元気)です。

では、新しい坂道グループは?
それは、ズバリ! ポップティーン系です。
ポップティーン系とは、キュートでオシャレな女子受けを狙ったアイドルグループです。
もしかしたら、Youtube、TikTok、InstagramといったSNSの活用もあるかもしれません。

スーパーティーンズコンテストはPopteen編集部が協力

スーパーティーンズコンテストは、Popteen編集部と(株)キーホルダーの共同事業です。
Popteen」を発行している(株)角川春樹事務所と(株)キーホルダーが合同で設立したタレント・モデルマネジメント会社である(株)ホールワールドメディアが主催のコンテストで、このコンテストのグランプリは、Popteenのレギュラーモデルになり、キーホルダーの新アイドルユニットの候補生にもなります。

今まで、坂道グループから「雑誌の専属モデル」が続々誕生していますが、セブンティーンと人気を二分するファッション雑誌である「ポップティーン」のモデルには誰もなっていません。
ポップティーンが清楚系ではない為、イメージに合わないと言うのもあったかと思いますが、ポップティーンも数々の人気タレントを輩出しており、SNS時代の今、SNS展開も上手く、ポップティーンモデルは、若い世代でとても人気になっています。

(株)角川春樹事務所と(株)キーホルダーが手を組んだ今、ポップティーン系のアイドルユニットができる事はまず間違いないでしょう。

新グループオーディションなら5年ぶり

実は、日向坂46の1期生オーディションというのは、正確に言えば、開催されていません。
日向坂46は、元々ひらがなけやきと言う欅坂46の2軍グループであり、1期生メンバーとして募集されていないのです。

そして、乃木坂46の2期の育成が上手くいかず、ソニー陣営が学んだこと。それは「やはり1期生メンバーが強い」という事です。
この為、「欅坂46」と言う新グループが新しく作られました。
その後、乃木坂46の3期生4期生は、それぞれ冠番組を持ち、1期生の如く大々的に扱う事で人気を上げて、グループ全体の人気も持続させる事に成功していますが、3期生、4期生で、選抜メンバーに入れるのはやはり数人であり、継続して何人ものメンバーを運営が推し続ける事はできていません。

これに比べ、新グループの1期生メンバーは選抜入りの可能性が高く、新たにオーディションでメンバーを募集する場合、非常に魅力的な案件であり、「アイドルグループの経験者」や「容姿端麗な子」といった逸材が集まりやすく、人材が命とも言えるアイドルグループにおいて、充実したメンバーが集まるという事は、事業としても非常に成功し易い環境になり、運営側としてもかなり魅力的で、成功する案件の成功確率が更に上がり、大大大成功が見えている状況だと言えます。

もし、新しい坂道グループが誕生するなら、2015年の欅坂46(鳥居坂46)以来の新グループオーディションであり、5年ぶりの大注目オーディションになります。

坂道シリーズは、乃木坂46、欅坂46、日向坂46と現時点で3つもあるのに、増やしても大丈夫なんでしょうか?
AKB48グループは、SKE、NMB、HKT、NGT、STUと国内だけで6つもあります。
大事なのはコンセプトで、坂道シリーズも、清楚系、クール系、元気系と、しっかり区分けされており、これらとかぶらないポップティーンお得意のキュート系の様なコンセプトのグループであれば、全く問題はなく、むしろ、今の時代の象徴とも言えるSNSの要素を取り込めれば、坂道シリーズは更に上を目指す事もできます。

新型コロナウイルスの影響で白紙状態?

しかし、現在、新型コロナウイルスの影響で、様々な大型イベントに影響が出ています。
秋元康プロデュースのアイドルグループの定番である「握手会」も「3密」になる為、次々に中止・延期になり、今後も開催が難しい状況です。
今、新しいアイドルグループを作っても運営が難しい状況になってしまいました。

では、新型コロナウイルスの影響で、大型アイドルグループの設立は白紙状態になってしまったのでしょうか?
一応、スーパーティーンズコンテスト2020は3ヶ月遅れのスケジュールで現在も進行中であり、「SKE48の所属する事務所から新しくデビューするアイドルユニット」の計画も、今のところ進行中ですので、引き続き情報を待ちましょう。

最後に・・・

SKE48の所属する事務所から新しくデビューするアイドルユニットは、(株)角川春樹事務所と(株)キーホルダーが手を組んだ形のアイドルグループで、新しい坂道グループであるなんて言う情報は、どこにも出ていない単なる当サイトの妄想です。

こうだったら面白いなあ・・・みたいに、いろいろ予想して楽しんでください♪

日向坂46は、上記の通り、1期生募集オーディションを行っておらず、ひらがなけやきの人気が上がった為、急遽設立されたグループです。
この為、次の坂道シリーズの新しいグループが誕生しても良い頃合いなんです。
新型コロナウイルスが来なかったらの話ですが・・・。
ライブや握手会の様なイベントが何もできませんからね・・・(汗)
その打開策としても、SNSや配信に強い坂道シリーズがあっても良いですよね!

アンケートにご協力ください

あなたの性別は?
あなたの年代は?
  • コメントがある場合は追加

スポンサーリンク