New arrival Pick Up 新着記事

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

「あなたの隣のすてきな男の子、推薦してください」をキャッチフレーズに、1988年にスタートしたジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
これまで武田真治、袴田吉彦、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉など、数々のスターを世に送り出してきました!!

スポンサーリンク

オーディション情報

募集ジャンル:モデル
募集対象:12~22歳の男性
応募方法:次のいずれかの方法にて
 1)WEBエントリー(JUNON TVから)WEB応募
 2)スマホWEBエントリー(プラチナ☆JUNONから)写メ応募
応募締め切り:2021年3月7日(日)

オーディション募集要項

  • 12~22歳の男性
    ※未成年の方は保護者の同意が必要です。
    ※オーディションに関わる交通費・宿泊費等は自己負担になります。
  • 芸能事務所・モデル事務所・レコード会社等に所属していない方

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストとは? 評判・口コミは?

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストとは?

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストは、主婦と生活社が発行している月刊雑誌『JUNON(ジュノン)』が主催する美男子コンテストである。1988年に初めて開催された。
(ウィキペディアより)

ジュノンボーイとは?

ジュノンボーイとは、1988年にスタートした、国民的ボーイズコンテストとして認知される『ジュノンスーパーボーイ・コンテスト』で選出された男の子のこと。
これまでに、武田真治、袴田吉彦、伊藤英明、加藤晴彦、小池徹平、 加藤和樹、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉、佐野 岳、犬飼貴丈、西銘 駿、飯島寛騎…と、新たな逸材を発掘し続ける、メンズオーディションの草分け的存在。

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの流れ

1次審査

書類と写メ、アプリによる選考です。

JUNON TVからのWEB応募は、編集部選考により、CHEERZ for JUNON&SHOWROOMイベントへ進みます。写メ応募は、プラチナ☆JUNONへ有料会員(月額330円)登録が必要で、一般ユーザーによる人気投票へ進みます。

2次審査

CHEERZ for JUNON&SHOWROOMイベントによるオンライン選考と、地方予選の集団面接の2通りの選考があります。地方予選では、1000円の選考手数料が掛かります。どちらかで勝ち抜けば、BEST150に入れます。

オンラインイベント期間:2021年3月下旬〜4月
地方予選期間:5月に全国主要都市にて開催

3次審査

一般ユーザーによる人気投票が、6月22日発売のJUNON8月号から4回に渡って、11月号まで行われます。BEST150からスタートして、BEST70→BEST35→BEST20→BEST10に絞られます。

人気投票は、JUNON本誌、プラチナ☆JUNON、公式アプリ、SHOWROOMの4つのチャンネルで行われます。尚、BEST10に絞られた後、本誌以外のチャンネルで敗者復活戦が行われ、若干名が最終選考に残れます。

最終審査

ファイナリスト十数名で最終選考会が開催されます。グランプリ、準グランプリ、フォトジェニック賞が決定します。フォトジェニック賞は、一般ユーザーによる人気投票で第1位に授与されます。

審査期間:2021年11月21日(日)開催予定

※新型コロナウイルスの状況によって変更になる場合があります。

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストについて

第34回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストは、主婦と生活社が発行するイケメン・インタビュー・マガジン「JUNON(ジュノン)」の専属モデルオーディションです。
非常に歴史のあるミスターコンで、今年で34回目になります。
伊藤英明さん、加藤晴彦さん、小池徹平さん、溝端淳平さん、三浦翔平さん、菅田将暉さんといった、物凄い方々がこのコンテストの出身なんですよね!
はい。グランプリになれなくても、ファイナリストに残れれば、大手有名事務所からのスカウトも期待できますので、芸能界に憧れているイケメン男性の方は非常に大きなチャンスです。
事務所に所属している方は応募できないんですか?
はい。事務所所属者は応募する事ができません。所属者OKだと事務所力で選考される場合が多いので、ジュノンスーパーボーイコンテストは、応募される皆さんに平等にチャンスがあります。
これはもう芸能界に興味があるイケメンはチャレンジするしかないですね!

スポンサーリンク