受かるオーディション面接のコツ・秘訣とは?

面接

オーディションの面接審査の注意事項は、大体分かりましたでしょうか?
だけど、普通にただ頑張って面接を受けただけでは、なかなか合格へとは繋がりません。
では、どうすれば良いのでしょうか?
毎回、書類審査は通るんだけど、面接で落ちてしまう方には何が足りないのでしょう?
ここでは、受かるオーディション面接のコツとポイントをご紹介します。

受かるオーディション面接のコツ・秘訣とは?

スポンサーリンク

オーディションの面接に合格できる秘訣・ポイント

さて、実際にオーディションの面接で合格できる秘訣とはいったい何でしょう?
ずばり、これだけで誰でも絶対に合格できるなんて完璧な方法はありませんが、その人の個性・魅力を引き出す方法、良い印象を与える方法はいろいろあります。
例えば、面接では以下の様な点を心掛けて下さい。

1.あらかじめ想定質問を考えておきシミュレーションしておく。
2.暗記した内容をただ話している感じにならない様に訓練をする。
3.常に鏡を見て、人前でもきちんと魅力的な笑顔ができる様に練習しておく。
4.あなたが魅力的に見えつつ体形が分かりやすくて派手ではない服装・髪型で行く。
5.きちんとした姿勢と、目力を高める訓練をしておく。

目力(め‐ぢから【目力】)とは?

目の表情や視線が他人に与える印象。特に、その人の意志や内面の強さなどが現れているように感じさせる目の表情。視線自体から感じる圧力・圧迫感。「―がある」
[補説]「眼力 (がんりき) 」は別語。
(デジタル大辞泉)

想定質問に的確に答えられる様に準備をする

実は、オーディションにおける面接で聞かれる内容というものは、どのオーディションでもそれほど大きくは異なりません。
想定質問への答えをあらかじめ考えておいて、きちんと答えられるように練習しましょう。

オーディションでよく聞かれる想定質問集

  1. あなたの自己紹介をしてください。
    ※答え方例:名前、年齢、学年、出身と言った基本的な内容をしっかり答えてください。
  2. 趣味は何ですか?
    ※答え方例:特にありません。ではダメです。あなたがどういう事に興味があるのかを知りたい訳ですから、音楽をよく聞くなら「音楽鑑賞」、テレビをよく見るなら「テレビ鑑賞」、ネットで動画ばかり見ているなら「ネット動画の閲覧」、友達とLINE(ライン)ばかりならそのまま「友達とのLINE」で良いですし、ゲームばっかりしているならそのまま「ゲーム」で良いのです。
  3. 特技は何ですか?
    ※答え方例:特にありません。ではダメです。特技らしい特技は本当に何もないという人も多いですが、せっかくのアピールの場を無駄にするのは勿体無いです。何かしら人よりも得意なことを特技と言ってしまいましょう。特に習い事は、習っていない人よりも絶対に得意な訳ですから、特技として良いです。面接官はあなたがどんな人間なのかを知りたいのですから。
  4. 志望理由は何ですか?
    ※答え方例:そのオーディションを受けた理由を答えます。「なんとなく」ではダメです。
  5. 自己PRをしてください。
    ※答え方例:披露できる特技を披露してください。芸歴や受賞歴があれば必ず答えましょう。
  6. 何か質問はありますか?
    ※答え方例:そのオーディションで疑問に思っている点があれば聞きましょう。但し、そのオーディションのホームページ等に回答が記載してある事を聞かない様に気を付けましょう。質問をした方が面接官の印象に残るので、できれば質問をした方が良いです。

面接では何でもいいので必ず特技を披露すること

上では「何かしら人よりも得意なことを特技と言ってしまいましょう。」と書きましたが、それはあくまで「特にありません。」と答えるよりは良いと言う意味です。
面接官の前で、他の人よりも印象に残る為には、何でもいいので、何かしらの特技をその場で披露する必要があります。
また、面接官もそういった度胸のある子、機転の利く子、仕事現場でも実際に使えそうな特技を持っている子を明らかに優遇します。
その場でできそうな特技、例えば、ダンス、歌、モノマネ、一発芸、バク転、持ち込める楽器の演奏(ギター、サックス、フルート、バイオリン等)、持ち込める道具を使ったもの(けん玉、お手玉、バトントワリング等)を考えておき、時間内できちんと披露できる様に練習しておきましょう。


特技披露は、特に集団面接の場では恥ずかしいものですが、そんな状況の中でもやりきる勇気とアピール力を審査員は見ています。

所属オーディションなら、その後のお仕事のオーディションでも、ライバルに勝てる力があるかどうかを見られてるんですものね。

面接の場で、恥ずかしくて何もできない様な人は、養成所や芸能スクールから始めた方が良いかもしれません。

芸能界は甘い世界ではないですからね!

見た目が良いだけの子はゴロゴロいます。必死で努力できない子は長く続かないと思われてしまう為、どんなに見た目が良くても面接で落とされてしまう場合があります。

スポンサーリンク