レコード会社とレーベルと芸能事務所の違いって何?

ソニーミュージック, レコード会社, 芸能界の常識

レコード会社とレーベルと芸能事務所の違いって、いったい何でしょう?
芸能関係者には常識的な内容ですが、素人には分かりづらい為、簡単に解説します。

レコード会社とレーベルと芸能事務所の違いって何?

スポンサーリンク

レコード会社とレーベルと芸能事務所について

まず、簡単にレコード会社とレーベルと芸能事務所のそれぞれの役割を説明します。
実際にはもう少し複雑な場合や例外もありますが、ここでは割愛します。

レコード会社

レコード会社は、レコード・CDの原盤制作、製造を行います。
レコーディング、マスタリングの他、パッケージデザイン、量産プレスといったCDの製造に関する仕事を担当しています。
その他、各メディアへの宣伝・プロモーション、ミュージックビデオ制作、流通、営業、卸や直販を行います。

レーベル

レーベルは、レコード会社の内部にある企画部門で、大きな会社では別会社になっていますが、基本的にはグループ会社になります。
音楽のジャンルは様々なものがある為、ロックならロック専門のレーベル、J-POPならJ-POP専門のレーベル、アニメならアニメ専門のレーベルが担当する訳です。
アーティストと契約するのは、レコード会社ではなくレーベルになります。
そして、アーティストの楽曲自体の企画や制作を行います。
具体的には、アーティストの方向性を決めたり、作詞や作曲をアーティスト自身が行わない場合は、作詞家や作曲家に楽曲を発注したり、アーティストの楽曲制作をサポートします。

芸能事務所

芸能事務所は、アーティストのマネジメントを行います。
その他、音楽活動以外の全ての芸能関連業務を行う為、アーティストは基本的には芸能事務所に所属して、芸能事務所がレーベルと契約する形になります。
そして、音楽活動に関連したマネジメントはレーベルと芸能事務所が相談しながら一緒に行います。

レーベルと芸能事務所はどちらから探す?

音楽活動を行うアーティストは、レーベルと芸能事務所の両者と契約する訳ですが、では、これから芸能界を目指す方は、レーベルと芸能事務所のどちらからアプローチすれば良いのでしょうか?

それは、一般的には音楽活動をメインにするかしないかで決まります。
音楽活動をメインにする場合は、当然、CDデビューが直近の目標になる訳ですが、芸能事務所を見つけても、引き受けてくれるレーベルがいなければCDデビューすることができません。
逆に、レーベルが気に入ってくれるのであれば、ほぼCDデビューが約束されます。CDデビューできるという事は、レコード会社の宣伝・プロモーションとその印税収入も約束される事になる為、引き受けてくれる芸能事務所は山ほどいるでしょう。

但し、最近は、芸能事務所がアーティストを探して、CDデビュー(メジャーデビュー)の前に、インディーズレーベルでデビューさせて人気を上げてからレコード会社(レーベル)に持ち込むパターンも多くあり、特にアイドルに関してはそれが顕著になっています。

よって、アイドル以外のアーティストを目指す方は、レーベルに音源を持ち込むのが効率が良く、アイドルに関しては、レーベル、芸能事務所を問わず、自分の方向性が合うアイドルの募集企画に応募するのが良いでしょう。


音楽活動をメインに活動していきたい場合は、レーベルに音源を持ち込むと言うのは基本中の基本です。
アイドルに関しては、そのすそ野が広がり過ぎて、もはやどの様な形態でも成立する為、目指す方向性にあったアイドルグループの募集に応募すれば良いですね。

アイドルとアーティストは別物と考えた方が良い訳ですね。

そうですね。シンガーソングライター、BAND、歌手等、CDデビューを目指す方は、レーベルに音源を持ち込む方が良いでしょう。

ダンサーやラッパーはどうなんでしょう?

ダンサーは芸能事務所、ラッパーはCDデビューを目指すならレーベルだと思います。
ただ、avexはレコード会社ですが、ダンス系音楽レーベルが充実しているので、avexに関しては何とも言えません。アイドル同様、方向性にあったダンサー募集の企画オーディションに応募するのが最も良いと思います。

スポンサーリンク