芸能人オーラって何?面接で受かりたいなら芸能人オーラを獲得せよ!

面接

芸能人オーラって聞いたことはないですか?
間近で見る芸能人には物凄いオーラがあります。しかし、そんな超有名人でもオーラを隠していれば、電車の中でも気がつかれなかったりします。
普通の一般人でも「あの人超素敵!芸能人みたい!」と騒がれる人もいたりします。
そして、面接でもよく「オーラのある人が選ばれる」と言われていたりもします。
芸能人オーラっていったい何でしょう?

芸能人オーラって何?面接で受かりたいなら芸能人オーラを獲得せよ!

スポンサーリンク

芸能人オーラって何?

芸能人オーラとは、ずばりその人の溢れ出る魅力、印象、雰囲気のことです。
つまり、分かりやすく言うと、ただの「見た目」です。
しかし、よく「百聞は一見に如かず」と言うことわざの通り、見た目には様々な情報が詰まっています。その人の容姿だけでなく、個性、印象、雰囲気といった情報も、その場で見えるものから情報を読み取って、見る人の脳が判断しています。
では、「その場で見えるもの」とは何でしょう?
それは、顔、化粧、目力、表情、髪型、服装、持ち物、姿勢、身長、体形、肌質、歩き方、しぐさ、立ち振る舞いといったものです。
こうして上げてみるとけっこうあると思いませんか?
これらが作り出している印象、雰囲気、個性、魅力といった見た目の要素が、「芸能人オーラ」と呼ばれるものの正体なんです。

芸能人オーラを更に詳しく分析すると

さて、これらの見た目の中で、変えるのが難しいもの、努力で変えられるもの、簡単に変えられるものがあります。それらを分けてみましょう。

・変えるのが難しいもの
 顔、身長(成長期が終わった方)、体形(顔の大きさや足の長さ)

・努力で変えられるもの
 身長(成長中の方)、体形(体重や脂肪の付き方)、肌質

・簡単に変えられるもの
 化粧、目力、表情、髪型、服装、持ち物、姿勢、歩き方、しぐさ、立ち振る舞い

こうして見てみると、簡単に変えられるものがけっこうあります。
人の印象や雰囲気って、実はけっこう簡単に変えられるのです。もちろん、しぐさ等、慣れもありますが、面接中だけなら努力して変えられますよね?
これら、簡単に変えられるものを工夫して、あなたにあった魅力あるものにする事ができれば、「おっ!あの子、なんか雰囲気が他の子と違うぞ!」と、面接官に思わせることが可能なのです。そして、努力で変えられるものも、あなたが目指す方向性に合うように頑張って魅力あるものに変えていきましょう。

具体的に何をすれば芸能人オーラが持てる?

芸能人オーラを獲得するには、これら見た目の要素を全て改善していけば良いのです。
もちろん、変えるのが難しいものは無理ですが、変えられる部分はいろいろあります。

顔・・・端正・特徴的だと良い。
身長・・・高い方が良い。
体形・・・小顔・スマート・足が長い、若しくは特徴的だと良い。
肌質・・・荒れていない方が良い。
化粧・・・派手過ぎず自分にあっていると良い。
目力・・・強い方が良い。
表情・・・笑顔・柔らか・自信に溢れていると良い。
髪型・・・清潔でツヤがあり整っていると良い。
服装・・・オシャレで似合っている、若しくは特徴的だと良い。
持ち物・・・服装に合っていると良い。
姿勢・・・端正だと良い。
歩き方・・・優雅・スマート・端正だと良い。
しぐさ・・・優雅・スマート・かわいい・楽しい、若しくは特徴的だと良い。
立ち振る舞い・・・優雅・スマート・かわいい・楽しい・明るい・特徴的だと良い。

これらの見た目を良い方向に変えられれば、あなたの印象、雰囲気がガラッと変わります。
但し、あなたらしさも非常に大事です。自分を偽る必要はありません。
ですが、姿勢が悪い、肌が汚い、行儀が悪い、マナーが悪い、ダサい、不潔、だらしがないと言ったものを自分らしさと言うのは間違いですので、しっかり改善していきましょう。
そして、上記の「特徴的」と言うのは、そういったキャラであるとか、特徴的なことを元から好きでやっているとかでないと、メッキが剥がれますので注意しましょう。

芸能界は個性が大事ですが・・・

芸能界は個性が大事です。ですが、個性は、あなたが得意とする分野やあなたの性格から自ずと出てきますので、変に自分を偽って演じる必要はありません。
但し、お笑いを目指している人や容姿に自信がない人にとっては、思いっきり狙っていく方が王道とも言えます。ですが、そうなると芸能人オーラとはまた別の話になってきます。


オーラって言うと怪しい感じがしちゃいますが、要は「気」のことですね。

雰囲気、気構え、生気、気力、気迫の「気」ってことですね。

目力とかは正に気力って感じですね。そういった精神的な思いも見た目に現れますよね。

オドオドしている人よりも、自信に溢れている人の方が魅力がありますよね!

書類審査の写真でも目が重要って言いますからね!
簡単に変えられる部分がダメで面接で落とされちゃうなんて勿体ないです。

スポンサーリンク