アイドルグループの最新人気調査2018「AKB48、乃木坂46、欅坂46、ももクロ、モーニング娘。」編

アイドル, 芸能界の常識

憧れのアイドルグループですが、流行り廃りがあるのも世の常。
やっぱり、これからアイドルになりたい!と考えている方は、「大好きなアイドルグループに入りたい」と言う方も多いと思いますが、できれば「人気のあるアイドルグループに入りたい!」と思っている方が多いでしょう。
世間的には、AKB48グループは人気が落ちてきており、今は坂道シリーズの人気が高いと言う雰囲気ですが、実際にはどうなんでしょう?
ここでは、「Googleトレンド」と言う人気指数調査方法を使って、人気調査をしてみます。

アイドルグループの最新人気調査2018「AKB48、乃木坂46、欅坂46、ももクロ、モーニング娘。」編

スポンサーリンク

アイドルグループの最新人気調査<過去5年間の推移>「AKB48、乃木坂46、欅坂46、ももクロ、モーニング娘。」編

それでは、早速、AKB48乃木坂46欅坂46ももクロモーニング娘。の5グループの人気度をGoogleトレンドを使って過去5年間の検索数DATAを見てみます。

パッと見た印象で、やはりAKB48の人気は目に見えて下がってきています。ちなみに、1年に1回、AKB48の人気が突出しているのは「総選挙」の時期です。
AKB48は総選挙の時だけ人気と言うか、知名度、検索数、露出数が著しく上昇する為、この様なグラフになります。
そして、平均的な人気指数は、2016年後半に乃木坂46に抜かれ、2017年後半には欅坂46にも抜かれています。

2013年4月時点での人気は、第1位:AKB48(34ポイント)、第2位:ももいろクローバーZ(13ポイント)、第3位:乃木坂46(5ポイント)、第4位:モーニング娘。(3ポイント)でしたが、2018年4月の時点では、第1位:乃木坂46(17ポイント)、第2位:欅坂46(12ポイント)、第3位:AKB48(9ポイント)、第4位:ももいろクローバーZ(3ポイント)、第5位:モーニング娘。(2ポイント)になっています。

よって、AKB48の現在の人気は、2013年に比べて1/4程度に落ちており、現在は、乃木坂46、欅坂46の人気の方が高い事が分かります。
しかしながら、現在の乃木坂46の人気は、2013年度のAKB48の人気の半分以下しかなく、国民的アイドルと呼べるほどには成長できていない事も分かります。

2011年~2013年頃は、所謂アイドルブームと呼ばれるアイドル全盛の時代であり、現在は、アイドルブームが去ったとまでは言いませんが、落ち着いてきたとは言えるでしょう。

アイドルグループの最新人気調査<過去14年間の推移>「AKB48、乃木坂46、欅坂46、ももクロ、モーニング娘。」編

ちなみに、Googleトレンドは2004年からのDATAが見れるので、AKB48の人気の頂点はいつだったのかを見てみましょう。

総選挙の突出DATAを平均化してみると、AKB48の人気の頂点は「2012年8月」の第4回総選挙直後で、大島優子が2回目の第1位に返り咲き、指原莉乃がスキャンダルでHKT48に移籍になり、前田敦子がAKB48を卒業したりと、大きな出来事が集中していた時期でした。
この頃を頂点に、急速に人気が落ちている事が分かります。

そして、乃木坂46、欅坂46の2つのアイドルグループの人気が、現在は、どんどん上がっている様に見えます。

アイドルグループの最新人気調査<過去1年間の推移>「AKB48、乃木坂46、欅坂46、ももクロ、モーニング娘。」編

次に、AKB48乃木坂46欅坂46ももクロモーニング娘。の5グループの人気度を、過去1年間の検索数DATAについて見てみます。

AKB48の人気が突出している部分は、先程記載した通り、総選挙があった為です。
さて、では欅坂46の人気が年末に突出しているのは何でしょうか?
これは、年末に行われたNHK紅白歌合戦において、欅坂46のメンバーが放送中に倒れてしまった事で一時的に騒がれた為です。

さて、ここ1年でみると、乃木坂46の人気がほとんど上がっていない事が分かります。
欅坂46の人気は緩やかにではありますが上昇しています。しかし、乃木坂46の人気は、6月までは上昇曲線でしたが、その後、停滞している事が分かります。
そして、メンバーの高齢化に伴い、人気メンバーの卒業を控えていますので、乃木坂46は、現在をピークに人気が落ちてしまう危険性が高い状況にあります。

「欅坂46」と「けやき坂46」(ひらがなけやき)の人気度について

さて、では、「ひらがなけやき」と呼ばれる欅坂46の派生グループ「けやき坂46」の人気はどうでしょう?
吉本坂46といったネタグループではない、テレビ東京に冠番組もでき、「新の坂道シリーズ第3段」となった「けやき坂46」ですが、その人気はどうなのか見てみましょう。

現時点では、「けやき坂46」でも「ひらがなけやき」でも、他の坂道シリーズと比べてしまうと、ほとんどDATAが算出できないレベルです。

ただ、これは恐らく「欅坂46」と「けやき坂46」の「読み方」が同じである為、「けやき坂46」の人気指数が「欅坂46」に含まれてしまっている可能性があります。
けやき坂46」は、「欅坂46」と読み方が同じと言う問題をクリアしないと、知名度、世間一般への認知度と言う点で、かなり不利な状況だと言えるでしょう。


こうやって見ると、AKB48の人気が落ちているのが一目瞭然ですね。

坂道シリーズは登り調子ですが、以前ほどアイドルがブームになっていないので、更に上を目指すには何か大きな仕掛けが必要ですね。

そんな中、坂道合同オーディションが今夏に開催される事が発表されていますね。

今回、乃木坂46欅坂46けやき坂46とそれぞれオーディションを行うのではなく、合同でオーディションを行うと言うのも、大きな仕掛けの1つで、かなりインパクトがありましたね。

この状況で、研究生的位置づけでメンバー補充するだけでは、AKB48の二の舞ですので、今夏の合同オーディションは、欅坂46では第二の平手友梨奈を探すオーディションであり、乃木坂46でも次期人気主力メンバーを探すオーディションでなければならない状況だと言う事が分かります。

けやき坂46は、まるで別グループかの様な扱い方で、冠番組も持ちましたが、実は今でも欅坂46のメンバーであり、公式サイトも同じで別グループ化されていません。
別グループとしてきちんと独立させるのか?、グループ名はこのままで良いのか?、シングルCDを発売するのか?と言った、みんなが思っている疑問の解決の方が先で、メンバー募集と順番が逆ではないかと思います。

けやき坂46は、人気が出たので冠番組をもらえましたが、シングルCDの発売日の渋滞問題や、ソニーミュージックの一極集中問題といった芸能界的裏事情がある為、完全に独立させるのは難しいのでしょうね。

独立させなくても、とにかく人気さえ出れば良いので、「ひらがなけやき」は乃木坂46のアンダーと比べたら雲泥の差で大成功していると言えます。
そもそも欅坂46も、乃木坂46の2期生の売り出しに失敗した為、新グループの初期メンバーとしたかったから発案されたと言われていますが、シングルCDを発売しない新グループと言うのは新しいアイデアで、このまま成功するかどうか要注目だと思います。

スポンサーリンク